パワプロ2019 栄冠ナイン

【栄冠ナイン】天才投手・内山育成⑮2年生で迎える秋の公式戦4試合

投手の試合での育成に関しては試合で打たれないと、全然成長しないなぁと思う今日この頃です。

いよいよ秋の公式戦が始まります。
コールド勝ちがあるので点差に気を付けながらのプレイになります。

育成方針

夏の甲子園終了後から、本格的に打者能力の練習を取り入れてます。
パワーから優先して行きたいと思います。
あと、弾道がずっと3だったんですが4にした方が良いと思い弾道を4にしました。

試合をやる場合には、変化球の練習をさせてます。

試合での成長がコチラ

 
 
 

4試合のうち最初の2試合が全然成長しませんでした。
急成長選んで、試合中の指示もそれなりにしてたんですけど。

ただ、残りの2試合でかなり伸びてくれました。
最初の2試合は内山が抑えていた試合でしたが、あとの試合は結構打たれてます。
防御率が2点台になりそうなくらい打たれました。

やっぱり打たれた試合の方が伸びてくれるので、こうなると軽い炎上待ちかもしれませんw

栄冠の天才投手で強い選手の防御率見ると低い選手がいるけど、あれってすごいんだなと思ってます。

またしても最多失点タイの8失点

これは決勝戦の内容です。
玉数も170を超えました。
相手チームが強いこともあったけど、打たれまくってました。
赤得つかないか心配なくらいでしたw

今回の育成初の延長戦へ

 

画像だとスクイズで終わらせるのもありなんですが、犠牲フライでもいいんじゃない?と思って色気を出したら普通に内野フライになりましたw
次の打者でスクイズ決めて試合終了です。

相手が神奈川のチームということで、西武から今年FAでメジャーに行く秋山選手やロッテの涌井選手がいるチームでした。
強かったですw
決勝戦でしたが天才投手が8失点してお陰でかなり成長できました。

打率初めて3割へ

 

打者用の練習の影響か打ち始めました。
内山が初めて打率3割になりました。
パワー上げたいので強振使うことが多いです。
あと、足早くないんですが走力上がってくれと思って盗塁を狙わせたりしてます。

アウト覚悟で走らせることもありますw

打者での指示機会増やしたいので打順も上位を打たせようと思ってます。

秋の公式戦後の内山

 

変化球の最後スライダーのレベルが5になりました。
春の甲子園の早い段階でマックスになると思います。

球速が164キロということで、マックスまで残り11キロとなりました。

打者としてはパワーがBになりました。
この調子でどんどん上げていきたいと思います。
守備が95なんでもう少しで100です。
守備100は春の甲子園中にギリギリ行けるかどうかって感じです。

笹山の能力

守備能力が高いとランナーが塁に出にくいと思ってわざと守備力は後回しにしてましたがそろそろ守備も練習させようと思います。

アーチスト入れているけど、まだホームラン数が8本です。
内山が6本なのでそんなに差がありません。

天才選手としては、割と平凡な打撃成績で終わりそうな感じがしてます。
内山に力を集中しているのでこれは仕方ないのかも。

次回は冬の合宿、クリスマス特訓へ