パワプロ2019 栄冠ナイン

【栄冠ナイン】天才投手・内山育成!番外編リセット「ノーヒットノーラン?」

栄冠ナインで天才投手を育成しているときのリセットしたときの話でも。
因みにというか、合宿とか特訓マスだとリセットの嵐になってますが、試合でのリセット回数は少ないです。

打ち込まれた試合でも、その分指示機会が増えるので成長にはプラスだったりするので、逆に抑えすぎて指示機会少なかったらリセットするくらいです。

ノーヒットノーランされる?

 

この試合展開は意外でした。
今まで栄冠やってて初めての経験でした。
守備の指示機会は何度も出てくるけど、攻撃の指示機会が全く出てきません。
何でだ?と思ってスコアを見て納得です。

相手投手に完全に抑え込まれてます。
因みに相手の投手能力は、★が400台で二つの変化球がレベル5の選手でした。
しかもコンディションは不調の選手でした。

ノーヒットピッチングをされて…それが9回の攻撃まで続きました。

9回の攻撃からは、ノーアウトから指示出せますが2アウトされてたところで、天才・笹山の打席へ。

笹山がシングルヒットを打ってくれました。
これでノーヒットノーランは回避しましたが、結局試合は完封負け。

この試合が春の甲子園の準決勝の試合でした。
決勝だったら全部の試合を消化しているので、そのままノーリセットでもよかったんですが、準決勝で敗れると一試合消化少なくなってしまいそれが、天才投手の育成に影響を与えることを考えるとリセットしか道はなかったです。

チャンス下がる

12月の合宿で内山の打撃のチャンスをAにしてました。
打順を5番に起用しての2試合目でした。
1試合目は3安打してくれてたんですが、1試合目は6打数1安打みたいな成績でした。
それでチャンスがAからBへ降格してしまいました。

 

育成中の選手の能力が下がるのもリセットかなと。

チャンス下がる対策としては、クリーンアップ打たせると、チャンスで打てないとすぐにチャンス下がる仕様?な感じしてます。
別の打席で同じ打撃成績でも下がった?と考えると、クリーンアップが打てない時の評価って厳しいなと思ってます(気のせい?)。

なので内山の打順をクリーンアップから外して6番で起用することにしました。