パワプロ2019 栄冠ナイン

【栄冠ナイン】天才投手・内山育成に着手!⑤夏の甲子園から秋の地方戦へ

夏の甲子園を終えて、いよいよ秋の地方大会です。
夏の甲子園同様に、試合に際しては天才内山を注目選手にして、とにかく指示を出しまくります。

夏の甲子園より内山が成長しているのか、打たれる場面も減ってきているように思いました。

ここでもリセマラか?

公式戦の優勝後に、マスを進めると素敵な出会いイベントが発生して、人アイコンが出てきます。
こういうところでも、アイドルが出るまでリセットしてアイドル出たら観戦⇒新曲発表⇒変化球研究×2のコンボを決めると、良い感じで成長してくれます。

試合指示用にコンバート

youtubeにアップしている仁さんの動画を参考にすると、4回以降の攻撃中に選手交代をすると次の自分のチーム守備の時に選手交代の指示を出すことができます。
そこで野手を登板させたあとに天才投手を登板させると指示回数が増えるというものでした。

守備交代の要員を増やすために、サードとか外野とかのサブポジを取得させてます。
ファーストは天才笹山が守っているので完全固定です。

その流れで、控えの投手にまでサブポジでサードをつけたりしてますw
どの道天才投手に投げさせるので、基本的には他の投手使わないので使ってあげようというわけです。

そんな感じで、秋の地方大会を終えました。

地方大会後に、特訓マスが出現!

何回リセットすることになるんだろう?と思いましたが、3回目であっけなく終わりました。
因みに一回目は天才内山が選ばれず、二回目が天才内山選ばれたけど「闘志」を狙うも取得できず。三回目で内山が選ばれて「尻上がり」をゲットしました!

特訓での得能がまだ三つなので、まだまだ先が長すぎですが。
特訓マスで長時間リセットの流れが多いので、まさかの3回目でパスはうれしい誤算となりました。

この後は、秋の地区大会が2試合あります。
練習試合はすでに2試合消化しているので、年内残すところ公式戦2試合だけとなりました。