パワプロ2019 栄冠ナイン

【栄冠ナイン】天才投手・内山育成に着手!③夏の地方予選から合宿へ

夏予選前に出てきた特訓マスで、内山に奪三振が付きました。

あと、取得難易度の高い得能で威圧感(投手)があるけど、あれはリリーフで出てきた投手に発動する得能みたいなので先発型の投手にはイマイチな感じがします。
ただ、やっぱり得能的にあったほうが見栄えがいいので、最終的には取得させますが最初の方は別の得能を優先しようと思ってます。

天才投手・内山が夏の予選を戦う!

内山を毎試合の注目選手にしながらの試合です。
試合の方ですが、天才投手といえどもまだ1年生というのもあり結構打たれるときは打たれます。

(石田?と思うかもしれませんwコールド勝ちを防ぐために、野手に投げさせて点を取られてます)
満塁ホームランも打たれてり。
防御率は何とか2点台前半で踏みとどまってます。

夏の予選決勝は、2対0で優勝。決勝だとコールド勝ちがないのでいくらでも点が取れるんですけど、味方打線がそれほど打てませんでした。
内山の打撃の方ですが、打率で2割を切っていて全然です。
打撃系の得能が一切ついてないのと、打撃練習を全くさせてないというのが大きいかなと思います。
まだ1年の夏の予選なので打撃の方には全く手が回ってないです。

夏の甲子園前の合宿へ突入!

投手だと打撃の得能が特訓マスで取得しにくいので、合宿で打撃の得能を取得させようと考えてます。
練習カードに応じた得能が取得できるわけですが、狙っているカードを出すだけで結構時間かかりますw
ダンベル、ベンチプレス、マシン打撃が出てきたので、これで合宿に臨むことにしました。
狙っている得能は、パワーヒッター、アベレージヒッター、威圧感、対左この辺のどれか三つくらい取れたらいいかなと思ってます。

合宿攻略リセマラ編

攻略ってほどでもないですけど、どんな感じでやっているかというのを紹介したいと思います。

合宿は5日間あります。
初日と、三日目と最終日5日目の三日間は、目的の選手がハリキリ選手に選ばれるまでリセットしまくります。
これで狙って?三日分の練習メニューで目的の選手に得能をつけることができます。

二日目と四日目を捨ててる理由は、さすがにそこまで狙うのが難しいからです。
初日の分で目的の選手に得能がついて更に自動で選ばれる二日目のハリキリ選手でも目的の選手が出てくるまで…となると、とんでもないリセット回数になってしまいます。
なので、そこまでやるのは現実的には厳しいかと思ってます。

上の画像の流れで得能を取得していって、合宿を終えた際の内山の打撃の得能はこんな感じになりました。

狙っていた得能は概ね取得できました。

ローボールヒッターはオマケみたいなもんですw
ないよりあった方が見栄えがいいので、取得できてよかったです。

これで打撃でもある程度打つことが期待できるようになりました。

今回、広角打法やチャンスなどは一切手を付けなかったので、次回の冬の合宿の際にその辺の得能を取得出来れと思ってます。

長時間リセットの末ようやく合宿を振り返って

1時間半くらいリセットしてました。
アマゾンプライムビデオで、洋画を見ながらのプレイだったので最速最短で操作していたわけじゃないので、映画とゲーム画面を行ったり来たりで操作してました。
なので、ゲームに付きっ切りでやってた場合よりかは時間がかかってますが、リセマラの時は別の作業をしながら(このブログを更新したり)の方が良いと思ってます。

単純作業だけど、効率化できないようなところがリセマラにはあるので。

打撃系の得能がついたので、打順を9番から7番とかその辺に昇格させようと思ってます。
ただ、得能はあるけどミートとかパワーは入部時とほとんど変わってないので、あまり打撃能力には1年生の時点では期待しない方がいいのかも。

内山と同時入部のもう一人の天才・笹山の打棒振るわず

夏の予選からもレギュラーで使ってますが、あまり打ってません。
夏予選終えての打率が2割切ってます。
あまりにも打たないので、気まぐれで打撃フォームをオープンから神主に変えることに。
栄冠ナインは、バスターでも普通にホームラン打つんで打撃フォームは打撃成績に影響してないように思いますが、何か打ってない選手いたら打撃フォームを変えてみたくなります。