パワプロ2019 栄冠ナイン

【パワプロ2020対応】栄冠ナイン オンストを利用した金特本の入手方法

パワプロ2019 栄冠ナインでの金特本を入手する方法を紹介します。

栄冠ナインで金特本を手に入れる方法は、基本的にはオンスト(外部ストレージ)を使う方法になります。
普通にプレイしていても、運がいいと手に入ることがありますが、基本的にはオンストを利用した場合でないと厳しいと思います(確率的に非効率になりすぎる)。

オンストをやるのに最低限知っておきたいこと

一応ですが、パワプロのシステム的な話に触れます。
無関係に思っても、この辺を理解するとオンストってなんだ?ってことが分かるので、必要な話として読んでもらえたらと思います。

パワプロの栄冠ナインですが、セーブデータが二種類あります。
それぞれ説明していきます。

栄冠ナイン(本データ)

栄冠ナイン自体のセーブデータのことです。
選手のデータとか、練習設備などのデータなどが入っています。

システムデータ

システムデータには、栄冠ナインの場合はアイテムのデータが入っています。

まとめると

栄冠ナインの本データと、アイテムを保存しているデータが別々になっているので、栄冠ナインの本データでアイテムをゲットした場合に、セーブをするとシステムデータの方に保存されます。

システムデータは栄冠ナイン内で互換性があるので、自分の作った別のチームの時にアイテムがタンマリ入っているシステムデータを上書き保存すると、別のチームでもアイテム使い放題でプレイできるというわけです。

なので、最初の弱小校の状態で、金特本を使って選手全員を強化したり練習設備マックスの状態でゲームを進めるということもできます。

オンストを利用する場合は、セーブデータの管理(分ける)ことは必須

オンストをする場合は、セーブデータはいくつか分けていたほうがいいです。
というのも、間違って、セーブデータを上書き保存をするミスが発生すると痛いことになります。
リセットペナルティを食らったり、大事なアイテムを失ったりしますからセーブデータは必ず分けて保存しましょう。

オンストだけだと間違えてデータを上書きする可能性があるので、USBメモリを使うことをオススメします。
1000円とか数百円で買えるのでそれを使います。

オンストやるのを抜きにしても、セーブデータが複数あれば複数のチームを育成できたりして便利です。

金特本ゲットの条件

春でも夏でもいいので甲子園に出場権を得ていることが条件になります。
甲子園に出場すると、OBから甲子園出場のお祝いとして差し入れ(アイテム)がもらえます。
一定確率(低確率)で金特本がもらえるという流れです。
 

差し入れ(プレゼント)を貰えるタイミング

甲子園の組み合わせ抽選が行われた後のマス進行時に、アイテムがもらえるイベントが発生します。
春の甲子園が、3月13日。夏の甲子園が、8月2日に抽選が行われます。
この近辺でセーブをするといいです。
 
それで、組み合わせ抽選発表の日付のマスを過ぎた時に、OBから差し入れイベントが発生をして何かしらのアイテムが貰えるという流れです。
 
おにぎりとか、不要なアイテムの場合はその場で消して金特別本とか欲しいアイテムだった場合はセーブをすることを繰り返します。
 

具体的な手順

前置きが長くなりましたが、具体的に金特本をゲットする方法に触れます。
 
まず、既に説明している通り自分のチームを甲子園出場するまでもっていきます。
地方予選で優勝することが必須です。
 
夏でも春でもいいので、甲子園出場権を得たら、組み合わせ抽選の日近辺でセーブをします。
リセマラをやっていくことになるので、ペナルティ対策としてセーブデータをUSBなどにコピーしておくことも必須です。
 

流れ紹介

貰ったアイテムが不要な場合
① 組み合わせ抽選後のマス進行で、OBからの差し入れイベントが発生
② もらったアイテムをチェック
③ ②でもらったアイテムが不要ならその場でリセット。
(PSボタン長押しして、パワプロのアプリを終了してまたパワプロを起動しなおす)
 
貰ったアイテムを保存したい場合
① 組み合わせ抽選後のマス進行で、OBからの差し入れイベントが発生
② もらったアイテムをチェック
③ ②でもらったアイテムを保存する時は、アイテムを貰ったあとにそのままセーブします。
④ ③でセーブをすると栄冠ナイン本データも上書きされてしまうので、別で保存していたアイテム貰う前に保存していたセーブデータ(栄冠ナイン本データの方でシステムデータではない)の方を本体ストレージに上書き保存をして、また①に戻る。
 
文字だけで説明するのも少し難しいですが、こんな感じのことを繰り返します。
 

注意点!セーブデータは必ずコピーして保存する

この方法だと、リセットを繰り返すことになるので栄冠ナインのチームがペナルティによって弱体化します。選手の能力がオール1とかになります。
それに対しての対策として、栄冠ナインの本データをUSBメモリにコピーしていたら、いつでもリセマラ前のチームを復元できますし、アイテム収集後にセーブをしてもアイテムを貰える前のセーブデータがあれば何回でもアイテムをもらえるイベントを繰り返せるので問題ありません。
 

余談

今回のオンストの話の余談的な話で締めくくりたいと思います。
ついでみたいな記事なのでそれほど重要ではないですが。
 
オンストを使えば買い物もし放題!
栄冠ナインのデータ(選手など)とシステムデータ(アイテム)が分かれていることで、実は買い物もし放題になります。
 
業者からアイテムを買いたいだけ買って、そのセーブデータを保存するとシステムデータに買い物をしたアイテムが保存されてます。
その状態で、本体ストレージに買い物直前のセーブデータを上書き保存をすると、買ったアイテムがそのまま入っていて業者からアイテムを買う前の状態に戻れるというわけです。
 
アイテムが無制限に使用し放題!
ゲーム内でアイテムを使用してその状態でセーブをして終了後に、アイテム使用前のシステムデータを本体ストレージに上書き保存すれば、使用したはずのアイテムをまた使用することができます。
 
リセマラの際の練習について
練習を内容によっては、ミートが上がったとかパワーが上がったとかの結果がテキストで流れますが、あれがあまりに多いとそれだけ時間がかかります。
□ボタン押すと早く流れるといっても、何十回何百回ってリセットをする上では少しでもテキストが流れる時間は短い方が良いです。
 
なので、打者の場合は弾道とか投手の場合は変化球を磨くとかその辺がいいかと思います。
あと、試合観戦のカードを使った後は、練習効率上がっているので余計にテキストが長くなるので試合観戦とかアイドルマスとかも止まってない方が良いかと思います。
 
進行するカードの数も小さい方が良いかも
組み合わせ抽選後のマス進行でアイテムが貰えるイベントが発生します。
マス進行さえしたらいいので、大きい数字を進むカードを使うとそれだけマスの移動に時間がかかるので、最低限必要な小さい数字のカードを使用した方が少しでも楽かと思います。